なにか書く

なにを書くかは決めていない

CHUMSのドキュメントケースを購入

このブログ、文房具というカテゴリーを作っておきながらこれまで1つしか記事を書いていませんでした。せっかくなので、文房具といえるかはかなり怪しいですが、レビューでも書いてみます。

今回欲しかったのは仕事で使う用のドキュメントケース(という呼び方で合っているのかわかりませんが、バッグインバッグ的な感じの書類を整理して収納できるやつです)。条件はポケットが少なくとも3つはあることという程度で、できればあまり安っぽすぎない方がよいと考えていました。

 

まず検討したのはノースフェイスのShuttle Document Holder。この商品には横型(H)と縦型(V)があるようですが、サイズが微妙に違います。縦開きというのは個人的にデザインとしてやや気持ち悪かったので、検討したのは横型。そんなに高くもないし、ノースフェイスっていうのも悪くないなと思っていましたが、蓋がマジックテープ式であることとサイズが私の使っているカバンからしたら少し大きすぎる気がしたので、こちらは候補から外しました。 

 

 

続いて目をつけたのはポーターのスモーキー。ノースフェイスのものに若干安っぽさも感じたので、どうせ一度きりのものだし多少高くてもいいかなと思って探していると、こちらの商品を知りました。ポーターは割と近くにショップもあり、そこにこの商品も置いてあったのでじっくり検討したのですが、たしかにしっかりしています。値段の価値があるかどうかはわかりませんが、所有欲はそれなりに満たされるような造りです。

また、この商品で惹かれたのは、Amazonで買うとポイントが10%つくところです(確認した時点で)。本来の価格は12204円ですが、実質10%引きなので11000円ほどになります。これはなんとなくお得感があります。私はただのAmazonバカなので、ポイントつくと惹かれてしまうんですよね。そういうわけで最終候補に残っていたこちらの商品ですが、しかしさすがに1万超えはやりすぎかなと感じ、最終的には候補から外しました。

 

ポーターのスモーキーとともに候補としていたのがCHUMSのドキュメントケースであり、最終的に購入したのもこちらです。CHUMSというブランドは名前自体ははっきりとは知りませんでしたが、このマークは見たことがあります。 値段はこれら3商品の中で最も安い4212円。さらに10月4日までは10%オフクーポンが利用可能なので、4000円を切ります。

ただ、この商品に対する最大の懸念だったのは、ちょっと安っぽすぎるのではないかということでした。Amazonの商品イメージを見ると、どうしてもこの懸念が拭えませんでした。まあしかし安っぽいといっても実際安いわけだし、仕事で使うだけなのにあんまり高いのを買うのもなと思い、この商品を注文しました。妥協といってよいでしょう。

 

購入したCHUMSのドキュメントケースは先ほど届いたので見てみました。サイズ的には私の仕事用のリュックサックにぴったり収まる感じで、悪くありません(Amazonの商品ページによるとタテ25cm、ヨコ34cm、マチ2cm。どこを測るのかという問題はありますが、実寸でも大きくは変わりませんでした。)。

最も懸念していた安っぽさですが、実物を見てみるとそんなに言うほどではなく、結構満足しています。蓋はノースフェイスのようにマジックテープ式ではなくボタン式。あまり閉じやすいとは言いがたいですが、慣れの問題かもしれません。前についている2つのポケットは単なる飾りです。実用的なものではありません(なにか強力なクリップとかで留めておけるようなものであれば入れておいても大丈夫そうですが)。まあそこは事前からまったく期待していなかったので問題ありませんでした。

f:id:intothebunker:20180922202657j:plain

f:id:intothebunker:20180922203623j:plain